雨漏り調査にも色々ある~最適な方法で調べよう~

屋根やベランダなどの雨漏り調査は安全に行なおう

業者が行なっている雨漏りの調査方法

雨漏り調査を依頼する上で知っておきたいのが、どういった方法で調査を行なってくれるのかということです。業者が行なっているベランダなどの雨漏り調査方法について詳しく紹介していきます。

様々な雨漏り調査

散水調査
原因と思われる箇所に実際に水を掛けて、雨漏りの再現を試みる調査方法です。目視調査に比べて手間と時間が掛かりますが、できるだけ依頼した方が良いでしょう。実績とスキルのある業者が行なえば、とても高い確率で原因箇所を特定できます。原因箇所が屋根にあれば、足場の設置が必要になりその分費用も嵩むでしょう。調査を依頼する前に、確認しておくと安心です。散水調査で使用される水は、依頼者側の水道から引いてくるケースが大半です。
発光液調査
発光塗料を混ぜた専用の検査液を雨水の浸入が考えられる箇所に流し込み、建物内から紫外線を当てて浸入経路を特定する方法です。雨漏り箇所が複数考えられるケースでよく用いられます。発光液を辿れば一目でわかるため便利です。検査液は退色・変色せず数日で発光しなくなるものが大半ですが、念のため調査前に建物への影響を確認しておきましょう。
赤外線サーモグラフィ調査
建物を高感度赤外線カメラで撮影して調査する方法です。雨漏りでは、雨水を吸収した部分とそれがないない部分に温度差が生じます。水分を吸収している部分は他よりも温度が下がるためです。散水調査を行なっても、建物の断熱材が水を吸い込んで室内に変化が起こらないときは、この方法を補助的に用いて調査を行ないます。

ベランダの雨漏り調査を行なうときは

ベランダの雨漏り調査では、まずベランダ清掃を行ないます。床のヒビ割れや外壁の亀裂が主な原因になっているためです。掃除が終わるとヒビ割れや亀裂を目視で確認して、雨漏り防止コーキングを施します。対策が終わった後に散水調査で状態をチェックします。

TOPボタン