ベランダの雨漏り調査を依頼する流れを知っておこう!

屋根やベランダなどの雨漏り調査は安全に行なおう

ベランダの雨漏りは放っておくと危険!予想される二次被害

住宅の中でも雨漏りしやすい場所であるベランダ。業者に調査を依頼せず、そのままにしておくと大変なことになります。実際にベランダの雨漏り被害のケースをいくつか見てみましょう。

ベランダの雨漏り被害事例

柱がシロアリにボロボロにされてしまいました(40代/男性)

最近、ベランダ側の壁にシミがあるのを見つけたので、雨漏りかなと思い業者に調査を依頼しました。そこで分かったのが天井部分と柱のダメージでした。中はカビが生えていて、雨漏りだけでなく白蟻被害も発生していたのです。屋根から柱にかけて、雨漏りと白蟻被害でボロボロになっていました。雨漏り調査をもっと早く受けていれば、こんなことにはならなかったでしょう。とてもショックです。

カビが発生していました(30代/女性)

天井のシミをそのまま放置していたら、梅雨時期に壁紙にカビが発生しました。広範囲に及んだため異常だと感じ、業者に調査をお願いしました。すると、ベランダの腰窓上部分の隙間が原因箇所になっていて、そこから雨水が入ってきているということでした。本来は防水部材を使う部分だそうですが、建設のときにその施工が行なわれていなかったみたいです。日頃からもっと色々と気を付けて見ておけばと後悔です。雨漏り調査の依頼も遅かったので反省しています。

雨漏り調査を依頼するときの流れ

ベランダからの雨漏りによって二次被害を出さないためには、なるべく早めに雨漏り調査を依頼することが肝心です。そこで雨漏り調査を依頼するときの流れを知っておくと良いでしょう。

雨漏り調査の仕方を知っておこう

まずは、雨漏り調査を行なっている業者に問い合わせましょう。24時間年中無休で電話対応しているところがあるので、忙しい人も安心です。電話以外にメールでも問い合わせは可能です。電話で雨漏り調査を依頼します。希望の日時を相談して決めましょう。確定した日時に作業スタッフが来て、雨漏りの現地調査を行ないます。調査が終わると現状報告と共に、雨漏り修理の見積もり提示があります。原因をしっかり把握しましょう。雨漏り修理に掛かる費用の内訳や必要な施工方法も確認すると、修理を依頼しやすくなるでしょう。

TOPボタン